話題のコスメで肌荒れ・・?敏感肌の化粧品かぶれ対処法

化粧品にかぶれた時の対処法
化粧品にかぶれた時の対処法

今話題のコスメや、口コミで人気の基礎化粧品・・・いざ気になって使ってみると、化粧品かぶれを起こしてしまいがちなのが敏感肌さんのツライところですよね。

化粧品かぶれのメカニズムや対処法などを知り、トラブル無くもっともっとスキンケアを楽しみましょう!

化粧品かぶれの原因

肌を美しくするためにあるはずの化粧品が肌に合わなかった時「化粧かぶれ」が起こってしまうことがあります。

化粧品かぶれには二つの原因があります。
  • 肌のバリア機能が低下しているために化粧品に刺激を感じやすい
  • 化粧品の成分に対するアレルギー

敏感肌の化粧品かぶれとメカニズム

肌のバリア機能が低下していると、刺激になる成分が肌内部へ浸透してしまって皮膚細胞に炎症を起こしやすくなります。

肌の調子が良い時ならば化粧品の成分を受け入れることができますが、時に肌は化粧品を「体を攻撃する悪い刺激物」と判断することがあります。

すると体は肌を防御するためにヒスタミンなどの化学物質を皮膚細胞に放出させ始めます。化学物質の作用によって肌に炎症が起こってしまうのが「かぶれ」です。

また、特定の成分がアレルゲン(アレルギーの原因物質)になっている場合には、その成分が配合されている化粧品を使った時のみ、かぶれが起こってしまいます。

化粧品かぶれの症状

化粧品かぶれには次のような症状があります。
  • 肌全体の赤み、かゆみ、腫れ、湿疹、ヒリヒリ感
  • 頬、まぶた、目元、唇など部分的な炎症

肌に広くかぶれが起こる場合は、肌全体に塗った化粧水やUVカット剤などが原因に考えられます。部分的にかぶれが起こる場合は、アイシャドウや口紅などのポイントメイクが原因に考えられます。

化粧かぶれを起こしやすい成分

特に化粧かぶれの原因になる成分になりやすいのは香料、防腐剤、合成界面活性剤、着色料です。また、敏感肌の方は旧表示指定成分が無添加の敏感肌用化粧品を選ぶことをおすすめします。

旧表示指定成分以外でも、化粧品によく配合される成分の防腐剤のフェノキシエタノール、タール色素、香料なども敏感肌さんには刺激になることもある成分なので注意が必要です。

化粧かぶれの予防法

肌はストレス、季節の変わり目、生理前などで敏感肌に傾きやすくなります。今まで使っていた化粧品が急に合わなくなることもあるので、かゆみや赤みなどの化粧品かぶれの症状が出た場合は、ただちに使用を中止して皮膚科を受診しましょう!

また、新しい化粧品を使う前にも、パッチテストを行って肌に合うかどうかを確認するようにしましょう。

パッチテストで炎症が起きた場合には、化粧品に刺激の強い成分やアレルゲンが含まれていることが考えられます。皮膚科できちんと検査をして、原因になる特定の成分を見つけ出し、その成分を避けるようにするとかぶれを予防できます。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他