女性特有のシミはどうやって治す?敏感肌の肝斑対策法!

敏感肌の肝斑対策

30代40代に発症することの多い、頬骨のあたりにできるモヤモヤとした左右対称のシミ「肝斑」。敏感肌なのに肝斑ができてまった、どうやってケアしたらいいのか分からない・・・といった方も多いと思います。

でも実際、肝斑と敏感肌って関係があるのでしょうか?敏感肌の方が肝斑が出来やすい?一度出来てしまった肝斑は消せないの?ここでは、敏感肌の方の肝斑ケアについて説明したいと思います。

そもそも肝斑ってどういうものなの?

肝斑は、頬骨や額、口の周辺などに左右対称に現れるシミのことです。輪郭のハッキリしない薄い褐色のシミが、広範囲にモヤッと広がるのが肝斑ならではの特徴で、シミに悩む女性の3人に1人が、肝斑だと言われています。

発症する年齢は30~40歳代が多く、症状が出るのは50歳代後半まで。60歳代になると発症することはほとんどなく、逆にシミが薄くなったり消えてしまうことも・・・。

原因は女性ホルモンの影響だけではない!

肝斑が発生する原因は、女性ホルモンの影響が強いと言われています。妊娠やピルの服用などをきっかけに肝斑の症状が出やすく、女性ホルモンのバランスが深く関与しているシミと言えます。

また、他の原因のひとつに「肌への過度な刺激」があげられます。紫外線や乾燥はもちろん、敏感肌の症状に多い慢性的な炎症が、肝斑の発生や悪化を招く一因となってしまうことも・・・。敏感肌の方は、健常肌の方と比べて、肝斑が出来やすい傾向にあるので、正しいケアが必要になってきます。

肌環境を整えることが肝斑改善のカギ!!

肝斑は一度出来てしまうと、完治するまでとても時間が掛かります。何よりもまず、肌の状態をきちんと整えてあげることが、敏感肌の肝斑ケアでは重要になってきます!敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下していて、様々な外的刺激の影響をダイレクトに受けている状態。

このバリア機能を回復させて、外的刺激に負けない強い肌を作りましょう!高保湿タイプの基礎化粧品や、セラミド配合の基礎化粧品などがバリア機能を強化してくれるので、自分の肌に合ったものを見つけて、丁寧にお手入れすることが、肝斑改善のカギとなります。

トラネキサム酸の内服で肝斑の完治を目指しましょう!

肌の環境改善と並行して、色素沈着抑制効果をもつトラネキサム酸という薬の服用をすることも肝斑改善にはとても効果的です!皮膚科はもちろん、市販薬としても売られているので、お近くのドラッグストアで簡単に手に入れることができます。内服薬なので、肌への負担は一切なく、敏感肌の方も安心して治療できる点でもオススメです♪

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他