肌悩みの代表選手!?敏感肌の毛穴の開きやたるみの改善方法

敏感肌の毛穴トラブル

毛穴の開きやたるみは、多くの女性が悩む肌トラブルです。毛穴の開きやたるみは、年を重ねるごとに気になりやすくなり、乾燥肌や敏感肌の人、間違ったスキンケアをしている人ほど悩みが深刻になる傾向があります。

毛穴の開きの原因

なぜ毛穴の開きやたるみが起こるのでしょうか?毛穴が広がる理由のひとつに、角栓の詰まりが挙げられます。角栓というのは、皮脂と古い角質が混ざり合い酸化したもの。

皮脂の分泌が過剰になったり、古い角質が肌に溜まってしまうと角栓ができやすくなり、詰まった角栓によって毛穴が押し広げられてしまいます。

角栓ができやすい肌というのは、皮脂の分泌が過剰になっている脂性肌や、メイクの油汚れが残っている肌です。角栓取りのシートパックや、爪で角栓を押し出す行為も、刺激となって毛穴を広げる原因となります。

また、皮脂の分泌が比較的少ない乾燥肌や敏感肌は、肌表面に古い角質が溜まって起こる「角質肥厚」により角栓ができやすく、脂性肌と同じように毛穴が開きやすくなってしまいます。

毛穴のたるみの原因

毛穴のたるみは、頬に起こりやすいのが特徴です。毛穴は通常、丸い形をしているのですが、肌のハリがなくなると丸い形を保つことができず、涙型にたるんでしまいます。

原因には、肌のコラーゲン減少、顔の筋力の衰え、肌の水分不足によるハリの無さが挙げられます。

敏感肌は毛穴の開きやたるみが起こりやすい

敏感肌に毛穴の開きやたるみが起こりやすいのには2つ理由があります。ひとつは乾燥、もうひとつはターンオーバーの低下です。

肌は、水分と油分が不足していると自ら皮脂を分泌して、肌を潤そうとします。そのため、敏感肌は水分は不足して乾燥しているのに、皮脂だけは過剰に分泌されるインナードライ状態に陥ることがあります。

過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰まり、メイク汚れや老廃物と混ざり合い、角栓を作る元になってしまいます。

また、敏感肌は水分と油分のバランスが不安定になっているため、ターンオーバーが乱れがちです。ターンオーバーが乱れると古い角質がはがれ落ちにくくなって毛穴に溜まり、角栓の原因となります。

敏感肌が肌のたるみを起こしやすいのは、通常の肌よりも紫外線によるダメージを受けやすく、紫外線によってコラーゲンが破壊される影響が大きいから。さらに、肌の水分不足もターンオーバーを滞らせ、たるみ毛穴の原因となります。

敏感肌の毛穴対策

敏感肌の基本的な毛穴対策は、肌の保湿が第一になります。十分に水分と油分を補うことで肌のターンオーバーを正常に導き、皮脂の過剰な分泌も抑えることができます。

また洗顔時には、十分に泡立てたキメの細かい泡で優しく毛穴の汚れを洗うようにし、シートパックや爪などで毛穴の角栓を除去することは絶対避けてくださいね。

紫外線の刺激は、肌のたるみや敏感肌を悪化させる原因になります。夏以外でもしっかりと紫外線対策を行うようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他