シーズンごとに肌はどう変わる?敏感肌の季節別スキンケア方法

季節別のスキンケア

日本には、はっきりとした季節の移り変わりがあり、一年を通して気候が大きく変化しています。気温、湿度、紫外線の強さといった環境の変化は、私達の体調や肌にも大きな影響を与えており、季節によって肌に出やすいトラブルも変わってきます。

春の敏感肌ケア

特に春先は、一年の中で最も体調が不安定になりやすい時期でもあり、自律神経やホルモンのバランスが崩れて肌の調子も悪くなりがちです。また、普段は敏感肌ではない方も、肌がゆらぎやすい時期でもあります。

さらに、ほこりや黄砂、花粉が空気中に飛散している日は、肌荒れやアレルギー症状が強く出やすくなります。紫外線の量も、3月頃から少しずつ増え始め、5月には一年で最も多くなっています。紫外線のダメージによる敏感肌の悪化に気をつけたい時期ですね。

春は肌の状態に気を配りながら、汚れを落としてしっかり保湿するスキンケアを丁寧に行います。環境が変化が多い時期でストレスを感じやすいので、きちんとした体調管理を心がけます。紫外線対策も忘れずに!!

夏の敏感肌ケア

夏は湿度が高く汗や皮脂の分泌量も増えるので、肌がうるおいやすい季節です。乾燥によるトラブルは起こりにくいのですが、紫外線が最も強くなるため、肌にダメージを受けやすくなってしまいます。

紫外線を浴びると炎症が起きたり、肌が乾燥しやすくなります。さらに、毎日のように強い日焼け止めを塗って、クレンジングで洗い流していると肌のバリア機能がどんどん低下してしまいます。

夏は乾燥しにくいからと油断せず、しっかり保湿することを心がけ、肌のバリア機能を高めます。肌に刺激の少ない紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の日焼け止めをこまめに塗り、紫外線を浴びないように気をつけましょう。

秋の敏感肌ケア

秋になると湿度が下がり、皮脂の分泌量も減るので肌が乾燥しやすくなります。気温が下がり新陳代謝が低下し始め、ターンオーバーが不安定になりやすくなる時期です。

また、夏の強い紫外線で受けたダメージが残っていると、秋に入ってから肌の調子が悪くなることも少なくありません。

過ごしやすい時期なので油断しがちですが、秋こそ十分に保湿を行って肌の調子を高めていくことが必要になります。

冬の敏感肌ケア

冬は一年の中でも敏感肌にとって最も厳しい時期になります。皮脂の分泌量が減り、湿度も低いので肌がとても乾燥しやすくなります。さらに、寒さで血行が滞り、新陳代謝が低下してしまうので、敏感肌の状態が悪化しやすくなります。

冬は保湿力の高い化粧品で肌を十分にうるおし、身体を芯から温めて血行を促進させ、肌の新陳代謝が悪くならないように心がけましょう。エアコンの暖房で室内がカラカラに乾燥しやすいので、加湿器を使うなどして肌の乾燥を防ぎましょう。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他