疲れてる?って聞かれちゃうかも・・敏感肌の目の下のクマケア

敏感肌の目の下のクマケア

女性の3人に1人は目の下のクマに悩んでいるといいます。クマで悩んでいる敏感肌の方も多いのではないでしょうか?原因やケア方法を学んで、自信のある目元を手に入れましょう!

目の下のクマの原因

目の下にクマができてしまう原因は…血行不良、貧血、メラニン色素の沈着、加齢、乾燥、体質などです。

特に目の下の皮膚は、体の中で最も薄く、ほかの皮膚に比べ4分の1(0.5mm)くらいの厚みしかないのでとてもデリケート。比較的肌トラブルが起こりやすい場所なのです。

クマの種類

クマには、大きく分けて3つの種類があります。

黒クマ
黒っぽく見えるクマです。クマの正体は、まぶたや目の下の皮膚がたるんでできる影です。皮膚や筋肉のたるみは主に加齢による衰えが原因になっています。
青クマ
青黒く見えるクマです。血行が悪く、薄い皮膚の下を通る毛細血管の色が透けて見えるために目立つクマです。血行不良は、冷え性、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって起こります。

また、生まれつき目の下の皮膚が薄く、静脈が透けて見えやすい人も青クマが目立ちやすいです。
茶クマ
茶色っぽく見えるクマです。メラニン色素が皮膚に沈着することによってできます。肌のメラニン色素は、紫外線を浴びたり、擦りすぎの刺激によって増えてしまいます。かゆくてかいてしまったり、メイク落としの際にごしごし擦ることが原因になります。

メラニン色素は、通常はターンオーバーによって排出されていくものなのですが、敏感肌はターンオーバーが遅れがち。そのため角質層の古い角質が剥がれずに残り、茶クマが目立ちやすくなってしまいます。

敏感肌はクマができやすい

敏感肌はクマができやすいので、目元のケアを意識的に心がけることをオススメします。敏感肌に特に多いのは、痒くてかいてしまいメラニン色素が沈着する茶クマです。

目の下の皮膚は皮脂と水分がとても少なくカサカサしがちで、ちょっとした刺激でも、すぐにかゆみを感じる場所です。

特にアレルギーを持つ方は、炎症を起こして痒くなることが多いため、メラニン色素が沈着しやすいです。また、掻くことで皮膚の角質が壊れ、余計に敏感肌とクマを悪化させてしまう悪循環になりがちです。

クマの種類ごとのケア方法

種類ごとに適したケアを行うことで予防と改善をすることができます。

黒クマ
皮膚のたるみを改善するために、化粧品や食品からコラーゲンやヒアルロン酸を補う。表情筋のトレーニングで筋肉のたるみを防ぐ。
青クマ
顔を温めたりマッサージをして、血行不良を解消する。適度な運動や十分な睡眠も必要。ビタミンEを摂り、ホルモンバランスを整え、血行を促進させる。
茶クマ
目の下をこすらないようにすることが第一。目の下の皮膚を十分に保湿することでバリア機能を高め、ターンオーバーを正常に導く。

クマの種類に合ったお手入れで、魅力的な目元を引き出しましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他