肌に優しそうで敏感肌にピッタリ?正しい無添加化粧品の選び方

敏感肌と無添加化粧品

無添加化粧品は、肌に優しいというイメージから、ナチュラル志向の方たちの間で人気が高まっています。無添加というのは、「肌に刺激を与える成分が一切添加されていない」ということなのでしょうか?無添加化粧品について色々と調べてみました。

無添加化粧品とは?

無添加化粧品の基準は、特に定められていません。厳密に言えば、「必ずしも肌に刺激を与える成分が一切添加されていない」とは限らないのです。

どんな化粧品を無添加化粧品と定義するのかは、あくまでも各ーカーの基準によるものなので、無添加化粧品ならどのメーカーの製品も成分が統一されているというわけではないのです。

一般的に、「旧表示指定成分」が配合されていないものを「無添加」とするメーカーが多い傾向にあります。そのほかにも、鉱物油・防腐剤・殺菌剤・アルコールなどを使用していない無添加化粧品も数多くあります。

無添加化粧品を選べば安心なの?

旧表示指定成分というのは、厚生省(現在の厚生労働省)が指定したアレルギーを起こす可能性のある102種類(香料を含めて103種類)の成分のことです。合成界面活性剤、防腐剤、人工香料、人工着色料など、敏感肌には強い刺激になる可能性が高いものです。

この102種類の成分は、過去にアレルギー事故が多く報告されたことに基づいて指定されたものなので、これらの成分が取り除かれている製品ならば安全性が高いと考えられます。

無添加の落とし穴とキャリーオーバー成分について

化粧品に使われる成分の種類はとても多く、合成界面活性剤だけでも2000種類はあるといわれていて、中には刺激のある成分もあります。しかし現状では、どんな成分を添加していも、旧表示指定成分などを添加していなければ、無添加化粧品と呼んでも問題にはなりません。

また、植物エキスなどの天然成分は肌にほとんど刺激がないのですが、それを抽出する際にアルコールなどの化学物質が必要になることが多く、天然成分に微量の化学物質が混入していることもあります。

化粧品には、全成分を表記することが義務付けられていますが、上記のような成分の抽出などに使う物質の制限や、パッケージ表記までは義務付けられていません。この成分をキャリーオーバー成分といいます。

つまり「無添加で天然成分使用」とうたっている製品でも、化学物質が添加されている可能性はあるので、敏感肌さんにとっては100%安全ともいえなくなってしまうのです。

敏感肌にとって本当に安全な化粧品を見つけましょう

無添加化粧品と呼ばれるものでも、必ずパッチテストを行いましょう。肌に問題がないことを確認すれば、敏感肌でも安心して使えますよね。

本当に安心して使える化粧品を探すならば、メーカーのホームページなどをチェックして、キャリーオーバー成分が出ない製法をとっているかどうか、製品には旧表示指定成分以外の刺激の強い成分(アルコールや合成界面活性剤など)を添加していないかどうかなどを調べ、信頼できる品質の製品を見つけることが大切です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他