肌に刺激を与える行為は絶対ダメ!敏感肌にNGなスキンケア方法

敏感肌にはNGのスキンケア

美肌は努力なしでは作れないという言葉通り、肌に合ったスキンケアを丁寧に行うことで、健やかな肌に導くことができます。しかし、残念ながら世の中には間違ったスキンケアをすることで、逆に肌に悪影響を及ぼしてしまっている人も少なくありません。

健康肌にはOKなスキンケア法でも、敏感肌にはNGになってしまうケースも・・・。敏感肌の方が気をつけなければならないスキンケアとはどのようなものなのでしょうか?

1.スクラブ洗顔

敏感肌が絶対にやってはいけないのは「スクラブ洗顔」です。スクラブ洗顔というのは、細かい粒子が入ったスクラブ専用の洗顔料で洗顔することです。ザラザラした粒子が古い角質や毛穴の汚れを落としてくれる効果が期待できます。

ちなみにスクラブとは「ゴシゴシこする」という意味。敏感肌が絶対にやってはいけない行為ですよね?スクラブ洗顔は、粒子が角質をはがす可能性があります。

肌のバリア機能が低下したり、こする行為自体が刺激となって赤みやヒリヒリ感といった炎症が起こるので敏感肌の方は避けるようにしましょう!

2.マッサージ

肌をマッサージすることは、血行を促進させて新陳代謝を高めたり、表情筋のこりをほぐす素晴らしい効果があります。

ただし、皮膚はとても薄くてデリケートなので、過度なマッサージをすると皮膚がこすられ過ぎて傷ついてしまいます。敏感肌の方は、マッサージを長時間行ったり、頻繁に行ったりするのはやめましょう。

また、マッサージのやり方にも問題があり、肌の表面をゴシゴシとこすったり、強い力でマッサージするのもよくありません。

3.ピーリング

ピーリングは、専用のピーリング剤を肌に塗り、古くなった角質を取り除く角質のスペシャルケアです。ターンオーバーの遅れによって、古い角質が剥がれずに残ってしまった場合に、定期的にピーリングを行うと効果的です。

古い角質が残ることは敏感肌にとっても良いことではありませんが、ピーリングは、方法を間違えると肌に大きな負担を与える可能性があるので、敏感肌の人は控えましょう。

特に炎症を起こしている肌の場合、症状が悪化してしまうので絶対に使わないでください。どうしても角質が気になる場合は、肌の調子が良い時を見計らい、マイルドなピーリング剤で優しくケアしましょう。

敏感肌がスキンケアで気をつけること

敏感肌は、角質層が乱れてバリア機能が低下している状態なので、やさしいスキンケアを心がけなければいけません。

そして敏感肌の場合は、角質を取るような刺激の強いスキンケアよりも、角質層をうるおいで満たしてあげるスキンケアのほうが肌のために良いでしょう。

肌の調子が回復するまでスペシャルケアは我慢して、肌のバリア機能を正常に導くことを優先にスキンケアを行いたいですね。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他