触ったり潰したりするのは絶対NG!敏感肌ニキビの予防&対策法

敏感肌のニキビケア

「敏感肌は肌が乾燥しているからニキビができにくい」という考えは大間違い!!

実は、ニキビに悩む敏感肌さんは意外と多いものです。また、敏感肌さんは一度ニキビができてしまうと、炎症を繰り返したり、なかなか治りにくいため、できることならニキビができる前にきちんと予防したいですよね。

ここでは、そんな敏感肌さんのニキビについて詳しく説明し、正しいケア方法をご紹介していきます。

脂性肌だけでなく敏感肌にもニキビはできる

ニキビは、脂性肌にできるものというイメージがありますが、それ以外の肌質でも皮脂の分泌のバランスが崩れるとニキビができやすくなります。もちろん、肌が乾燥気味な敏感肌でもニキビはできてしまいます!

敏感肌は、ターンオーバーが乱れがちで、古い角質が剥がれずに残ってしまうため、毛穴が狭くなってニキビができやすくなります。その上、肌のバリア機能が低下しているので、ちょっとした刺激でもニキビや吹き出物ができてしまうのです。

敏感肌のニキビが悪化しやすい理由

敏感肌さんは、乾燥を防ぐために油分の多い化粧品を使うことが多いですよね。だけど、油分が多すぎると、毛穴が詰まってしまうのでニキビケアのために良くありません。酸化した油分が皮膚への刺激となることも、敏感肌ニキビの悪化につながってしまいます。

また逆に、ニキビを恐れて肌に与える油分を控えめにするのもよくありません。油分が足りず肌が乾燥すると、肌自身が過剰に皮脂を分泌。かえって脂ぎってしまい、ニキビが悪化することもあります。

肌に与える油分は、多過ぎても少な過ぎてもニキビに良くありません。敏感肌ニキビを悪化させないためにも、正しい敏感肌のニキビケアを実践する必要があります!

敏感肌のニキビを改善するには

敏感肌のニキビを改善するためには、ニキビケアと肌のバリア機能を高めるケアが必要になります。

ニキビを防ぐためには、皮脂やメイクの汚れをきちんと落として、肌を清潔にすることが第一です。この時に、ゴシゴシと強く洗ったり、強いクレンジング剤で何度も洗い過ぎてはいけません。

皮脂を洗い流し過ぎて肌が乾燥してしまったり、デリケートになっている角質層を傷めてしまう恐れがあります。敏感肌用の低刺激な石鹸で、優しく洗顔するようにしましょう。

そして、最も重要なのは保湿!水分を十分に与えてから、適度な油分で肌の表面をコーティングします。一般的に売られているニキビ用のものではなく、敏感肌専用の基礎化粧品で、根気よくお手入れを続けましょう!

また、それに併せて規則正しい生活やストレス解消を心がけ、ターンオーバーがきちんと行われる肌環境を作りだすことが、敏感肌のニキビ改善につながります。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他