肌が弱いと跡が残りやすいってホント!?敏感肌のニキビ跡ケア

敏感肌のニキビ跡ケア

ニキビは出ている時も気になりますが、ニキビ跡が残ってしまうともっと憂鬱な気分になってしまいますよね。特に、敏感肌さんは肌のバリア機能が未熟なため、炎症を繰り返したり、色素沈着を起こしやすく注意が必要です!!

ニキビ跡を薄くする方法はいくつかありますが、敏感肌の場合は肌が弱い為、いろいろな方法を気軽に試してみることができません。敏感肌にピッタリなニキビ跡ケアは、どのようなものなでしょう?

なぜニキビ跡が残るの?

赤黒いシミの様なニキビ跡が出来てしまう原因は、血液中のヘモグロビンによる色素沈着です。ニキビの炎症がひどくなり、化膿してしまうと、真皮の組織まで傷ついてしまいます。真皮層の組織が傷つく際に毛細血管も破壊され、血液中のヘモグロビンが周辺の細胞に染み込み色素が沈着してしまいニキビ跡になります。

シミのように残る茶色のニキビ跡は、メラニン色素が原因です。ニキビが炎症を起こすと、肌の表皮細胞はダメージを回復させるために活性化します。その際、シミの元となるメラニン色素も過剰に生成され、色素沈着が起こります。

また、真皮層の深部までダメージを受けると、ニキビの患部がデコボコになり、クレーターの様なニキビ跡になってしまうこともあります。

一度できてしまうと治しにくいニキビ跡ですが、肌のターンオーバーを整え、正しいニキビケアを行うことで、ニキビ跡を改善することは可能です。

敏感肌はニキビ跡が残りやすい!

敏感肌は、健康肌の方と比べてニキビ跡が残りやすい傾向にあります。これは、敏感肌は肌のターンオーバーが乱れがちで、皮膚の生まれ変わりがスムーズに行われない為、結果としてニキビ跡がいつまでも肌に残ってしまうからです。

また、敏感肌は肌のバリア機能が低下しているので、ニキビが起こると化膿などの悪化が起こりやすく、ニキビがひどくなってしまうとそれだけニキビ跡になる可能性も高くなります。

ニキビ跡を残さないために心がけたいこと

実は、ニキビが治ったように見えても肌内部に炎症が残っていることがあり、ここでニキビケアをやめてしまうとニキビが悪化して跡が残りやすくなります。

ニキビの赤みがある間は、ニキビ用の化粧品や皮膚科の薬を使って、しっかり治すようにしてください。また、ニキビやニキビ跡はメイクで隠したくなるのですが、メイクは毛穴を詰まらせニキビを発生させたり、悪化させるので良くありません。なるべく控えるようにしましょう!

敏感肌のニキビ跡ケア

ニキビ跡を消す治療には、ピーリングやレーザー照射といった方法もあるのですが、敏感肌には刺激が強いのでおすすめはできません。敏感肌のニキビケア跡にはビタミンCを配合した化粧品でのケアがおすすめです。ビタミンCにはメラニン色素を薄くする効果があります。

また、肌のターンオーバーを正常に導くために、水分と油分を肌にしっかり補い、睡眠を十分にとるようにしてニキビ跡、敏感肌を同時にケアしていくことが大切です!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他