肌が本来の持つ力を引き出す!オーガニックコスメで敏感肌ケア

敏感肌とオーガニックコスメ

肌に優しいとしてオーガニックコスメは敏感肌にも良いといわれています。オーガニックとは、農薬等を使わずに有機栽培した、という意味の言葉で、化学肥料・農薬・化学物質を使用しない、環境を破壊しないなどの基準をクリアしたものを「オーガニックコスメ」といいます。

オーガニックコスメの基準

オーガニック認証機関によって認定を受けたものだけがオーガニックコスメと呼べるものになり、審査基準は国や認定機関によって異なります。

主な認証機関は、ドイツをはじめとするフランス、イギリスなどのヨーロッパにあり、日本国内ではまだオーガニックの認定機関や基準はありません。

実際に日本国内でオーガニックコスメとして販売されているものは、100%オーガニックのもとは限らず、材料の一部に天然成分を使ったナチュラルコスメ、自然派化粧品と呼ばれるものが多くなっています。

名前からして肌に優しそうなイメージがありますが、化学物質が添加されている場合もあるので注意が必要です。

なぜオーガニックコスメが良いのか

オーガニックコスメは、植物由来の天然成分によって肌が持つ本来の力を引き出し、健やかな肌に導いていくものです。肌の刺激になる化学物質や合成成分が配合されていないので、肌にトラブルが起こりにくいのがメリットです。

オーガニックというと何か特別な物のように思えるかもしれませんが、もともと人が古来から薬草や植物を使うなどして行ってきたスキンケアと同じで自然なこと。

現代では、石油を材料にコストの安い化粧品を作ることが当たり前になってしまいましたが、それではやはり肌に刺激があるため、今また植物由来の天然成分を使ったスキンケアに回帰しつつあるのです。

ナチュラルコスメは良くないの?

材料の一部に天然成分などを使ったナチュラルコスメが信頼できないとは限りません。オーガニックコスメとは意味が違う別のものになりますが、品質の高いものを使って肌にトラブルが起こらなければ問題はありません。

ただし、敏感肌でコスメの成分にかなり過敏になっている場合は、刺激になる成分が極力入っていないという点から、オーガニックコスメを使ったほうが安心といえるでしょう。

敏感肌に安心なオーガニックコスメとは

パッケージにオーガニック、ナチュラルコスメと表記されているだけでは本当のオーガニックコスメとは言えません。オーガニック認証機関による「オーガニック認定済み」であることが表記されているものを選ぶ必要があります。

外国からはオーガニック認定済みのコスメが出ているので、試してみるのも良いでしょう。

また、オーガニック認定済みでも基準によっては合成成分が配合されている場合もあるので、新しく使い始める前にパッチテストをして肌に合うものを見つけるようにすることが大切です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他