スキンケアの基本!敏感肌にピッタリの洗顔石鹸ってどんなモノ?

敏感肌の石鹸選び

スキンケアの中で、最も重要なのは「洗顔」といっても過言ではありません。なぜなら、洗顔によって肌の負担になってしまう汚れを落として、肌を清潔に保ち、その後の水分補給や栄養補給をしやすくしてくれるからです。

丁寧に正しい方法で洗顔を行えば、敏感肌を改善していくことも可能です。そのためにはまず、敏感肌に適した洗顔石鹸を選ぶことが必要ですね!

敏感肌が石鹸に求めること

健やかな肌が使ってもなんともない石鹸でも、デリケートな肌に使えば洗顔後に炎症が起こるということがあります。なるべく刺激の少な石鹸を選ぶようにしましょう。

また、洗浄力が高いものは汚れ落ちが良いというメリットがありますが、肌に必要な皮脂まで洗い落としやすく、乾燥を招くことがあるので、乾燥が気になる敏感肌さんにはおすすめできません。洗浄力がマイルドで、肌に優しい石鹸を選ぶようにしましょう。

どのタイプがおすすめ?

洗顔石鹸には色々なタイプの種類があります。

クリームタイプ
泡立ちが良い。油分が多く含まれているためしっとりするが、肌に残って炎症を起こす可能性がある。合成界面活性剤や油分が多く含まれているものは、敏感肌には刺激が強いので良くない。
リキッドタイプ
クリームタイプと同様に界面活性剤と油分が多く含まれており、肌に刺激が強いものが多い。
泡タイプ
いちいち泡立てる必要がないため使いやすい。発泡剤が多く含まれているので、肌に刺激を与える場合がある。
固形石鹸
洗浄力が適度で、肌に負担が少ないものが多い。特に、合成界面活性剤が配合されておらず、天然成分だけで作られているものは、肌に刺激がほとんど無いのでオススメ。

敏感肌にオススメの石鹸とは?

敏感肌にオススメの洗顔石鹸は、純度の高い固形石鹸です。固形石鹸は植物性の天然油脂を材料にした石鹸素地から作られています。天然の界面活性剤によって汚れを落とすので肌に優しいのが特徴です。

石鹸素地100%と記載されている純石鹸は、油脂以外なにも加えられていないため、特に肌に優しいとされています。

また、乾燥肌・敏感肌向けに作られている高保湿石鹸もオススメです。合成成分などは無添加で、保湿を高める材料として植物性オイル・馬油・ハチミツなどの天然成分が用いられているものが安心です。

洗顔石鹸はたくさんのメーカーから販売されていますが、石鹸の成分表記を見て、無添加、石鹸素地100%などと記載してある物を選ぶと良いでしょう。

肌トラブルが起きた場合には

肌に優しいとうたわれている石鹸でも、稀に肌に合わない場合もあります。新しい石鹸を使い始める場合には十分にすすぎをして、肌に石鹸が残らないように気をつけ、洗顔後にトラブルが起こらないかチェックします。

しばらく使用してもトラブルが起こらなければ、肌に合っているということ。もし、肌トラブルが起きた場合は、使用をすぐ中止し、販売元のメーカーもしくは皮膚科に相談するようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他