皮膚は桃のようなデリケートさ!?敏感肌に優しい洗顔方法を伝授

敏感肌の洗顔方法

皮膚は、元々薄くてとてもデリケートな性質です。例えれば、皮膚は桃の薄い皮。ちょっとこすったら簡単に剥けてしまう、桃のようなデリケートさをもっています。日々丁寧なお手入れを心がけることが、敏感肌の改善にもつながりますよ!

敏感肌は特に要注意

健やかな肌でも、肌をこすってしまうと肌を傷めて乾燥や炎症が起こりやすくなります。敏感肌の場合は特に要注意!すでに角質層が傷んでいる状態なので、少しでも擦ってしまうと角質層の破壊が進みやすく、バリア機能がどんどん低下してしまいます。

クレンジングや洗顔で肌をごしごし擦ったり、頻繁に洗顔を繰り返すことは、肌に強い刺激を与え、敏感肌を悪化させる原因になります。

敏感肌の洗顔~クリーミーな泡で優しく~

スキンケアの中でも特に重要なのが洗顔!洗顔石鹸は、無添加で保湿力の高い固形石鹸がオススメです。洗顔の際は、手で直接肌を擦るのではなく、石鹸の泡でなでる様に優しく洗いましょう。

手でゴシゴシ擦らなくても、泡の力で十分に落とせます。手で直接肌に触れると、角質層が摩擦で傷つきますので注意しましょう。

洗顔のポイントは、しっかりと空気を含ませて、しっかりと泡立てること。洗顔用のネットを使い、水を少しづつ足していくと、誰でも簡単にクリーミーで濃密な泡ができます。

敏感肌さんが、うっかり行ってしまうのが、肌のザラつきを落とそうと擦ってしまう行為です。ザラつきは、肌の荒れによるものなので擦っても落ちませんし、むしろ擦ることで肌荒れを悪化させることになってしまうので気をつけましょう。

敏感肌の洗顔~すすぎと拭き取りは丁寧に~

すすぐ時は、水に近いぬるま湯を両手ですくい、丁寧に20回くらいすすぎましょう。お湯の温度が高いと皮脂が洗い流されて乾燥がひどくなってしまいます。また、すすぎが不足していると石鹸成分が肌に残って、乾燥や肌荒れを起こすのでしっかりとすすいでください。

すすぎ時に、シャワーを直接顔にかける行為はやめましょう。シャワーの水圧が肌への負担となり、敏感肌を悪化させてしまう一因になります。

肌の水分を拭きとる時は、肌触りの良い柔らかいタオルを顔にポンポンと軽く押し当てて水分を吸い取ります。ゴシゴシ拭き取りがちですが、柔らかくなっている角質は壊れやすいので、決して擦ってはいけません。

洗顔後はすぐに化粧品で保湿を

洗顔後は、できるだけ早く保湿力の高い化粧水をつけてください。パンパンたたくのではなく、手のひらや指で肌をやさしく包み込むようになじませます。

乾燥がひどい場合や冬などは、数回繰り返し、たっぷりと水分を肌へ与えましょう。仕上げには乳液や美容オイルでふたをして、水分を閉じ込めることも忘れずに!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他