肌に優しいノンケミカルが断然オススメ!敏感肌のUV対策

敏感肌のUV対策

紫外線を浴びると、日焼け・シミ・そばかす・シワといった、肌に良くない影響が起こります。しかも、敏感肌が紫外線を受けると健康な肌よりもさらに大きいダメージを受けるので要注意!!

また、紫外線を浴びると肌表面に活性酸素が発生して、バリア機能を低下させ、敏感肌症状を悪化させることも・・・。敏感肌にとって厄介な敵である紫外線の対策方法についてまとめてみました。

紫外線カット剤の刺激が強い理由

敏感肌にとって、紫外線の悩みというのは紫外線そのものだけでなく、紫外線対策にもあります。というのも、通常のUVケア商品は刺激が強く、敏感肌向きではないからです!

UVケア商品の刺激が強い理由は、「紫外線吸収剤」という成分。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱に変え、放出することで肌に紫外線が届かないようにする仕組みです。SPF(日焼けを起こすUV-Bをカットする効果)を高めることができるので、日焼け止めの効果が強いのがメリットです。

しかし紫外線吸収剤は、紫外線を熱に変える時に肌の水分も一緒に蒸発してしまい、バリア機能を低下させたり、化学変化した成分が肌に直接触れると、肌荒れを起こしてしまう危険があります。

敏感肌さんには刺激が強すぎるのはもちろんのこと、健康な肌でも紫外線吸収剤によって肌が乾燥したり、刺激を感じてしまうことも少なくありません。

敏感肌にやさしい紫外線散乱剤

紫外線をカットする成分には、紫外線吸収剤のほかに「紫外線散乱剤」があります。紫外線散乱剤というのは、紫外線をはね返して肌に紫外線が届かないようにする成分です。成分には酸化チタン、酸化亜鉛といったミネラル成分が使われます。

紫外線散乱剤に配合されているミネラル成分は、化学合成物質の紫外線吸収剤と違って肌に負担を与えないので、敏感肌にも優しいのがメリットです。

ただし、白浮きしやすかったり、肌から落ちやすいといったデメリットもあります。SPFも紫外線吸収剤よりもやや弱いのですが、敏感肌さんは紫外線散乱剤で作られているUVケア商品を使うことをおすすめします。

敏感肌の紫外線対策

敏感肌さんは、「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と表記されたUVケア商品を選ぶようにしましょう。また、十分に保湿してバリア機能を高めることも紫外線の刺激から肌を守るためには大切です。日焼け止めを塗る前にしっかりと保湿をするようにしましょう!

敏感肌の人に適したマイルドなUVケア商品は、多少SPF値が小さくなってしまうのでこまめに塗り直しをしたり、午前11時~午後3時の紫外線の強い時間帯には外出を控えるようにしましょう!また、帽子・手袋・日傘などの日よけ用品を上手く使う事で日焼けを防ぎ、肌への負担も減らせます。

数年後にシミで悩まない様に、しっかりとしたUV対策を心がけたいですね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他