春先はトラブル多発!?肌が敏感になりやすい季節の変わり目

肌が敏感になりやすい季節の変わり目

肌の調子は変化しやすいものですが、季節の変わり目が肌質に影響することも少なくありません。普段はなんともないのに、季節の変わり目になると肌が敏感になるといった経験はありませんか?特に多いのが冬から春へ移り変わる頃と言われていますね。

なぜ季節の変わり目に敏感肌になりやすいの?

季節の変わり目は、気候が大きく変化します。前の季節の気候に体は順応していますが、気温や湿度が変動すると体がまだ慣れていないので自律神経のバランスが崩れがちになってしまいます。そのため、季節の変わり目には体調が崩れやすくなります。

自律神経のバランスの乱れは、肌のバリア機能の低下にも繋がるため、季節の変わり目には肌質が変わりやすいのです。普通肌だったのに乾燥しやすくなった、乾燥肌から敏感肌に変わってしまった、といった肌症状が起こりやすくなります。

季節の変わり目の敏感肌の症状

季節の変わり目に起こる敏感肌にはどのような症状があるのでしょうか。

  • 肌が乾燥して粉をふくようになる
  • 化粧品がしみるようになる
  • 脂っぽくなる
  • かゆみや赤みが起こる

肌質の変化やトラブルを感じやすくなります。また、もともと敏感肌の方は、季節の変わり目に敏感肌の症状が、より悪化することもあるので注意が必要です。

春先は最も敏感肌になりやすい

一年の中でも敏感肌に最も傾きやすいのが春先です。この時期は昔から「木の芽時」とも呼ばれ、心身の調子が一年の中で最も不安定になりやすいと言われてきました。

加えて、日に日に強くなる紫外線、ほこり、花粉も敏感肌の引き金になってしまいます。特に花粉といえば、花粉症の方が年々増えている事がよく知られていますが、花粉症ではない人でも、春先は花粉によって肌が荒れることもあるようです。

また、4月は年度変わりで環境が大きく変化する月です。環境の変化がストレスになってホルモンのバランスが乱れやすい時期でもあります。ホルモンバランスの乱れも敏感肌の引き金になりやすいので注意が必要ですね。

季節の変わり目に心がけたいこと

季節の変わり目は、規則正しい生活や十分な休養を心がけて、体調を整える必要があります。肌の水分と油分のバランスが崩れやすくなるので、正しい方法で丁寧にスキンケアを行い、十分に保湿して肌のバリア機能を高めるようにしましょう。

特に春先は、花粉、ほこり、紫外線といった外部からの刺激が増えるので、洗顔や紫外線対策などにも十分に気を使うようにしましょう。

もし肌にトラブルが起こったら、できるだけ肌に刺激の少ない化粧品でスキンケアを行い、トラブルの原因を避けるようにします。

アレルギー体質の方や敏感肌の方は症状が悪化しやすいので、炎症がひどい場合には専門機関で治療を受け、重症化しないように注意しましょう。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他