シミを一発撃退!?敏感肌でもレーザー治療は受けられるの?

敏感肌とレーザー治療

シミが気になるけど敏感肌で自分に合う美白ケアが見つからない!、敏感肌の炎症の跡が色素沈着となって残ってしまった・・という方、実は敏感肌さんには多いんです!

そんな肌悩みを一発で解消してくれるのが「レーザー治療」。名前を聞いたことはあるけど、実際どんな治療をするのか、痛みやデメリットなど、皆さんの疑問に一挙に答えします!

レーザー治療とは?

レーザー治療というのは、レーザー光線をシミやあざに照射して改善する治療法です。レーザー治療は、皮膚科や美容皮膚科の美容法に用いられるだけでなく、外科的手術や歯科の治療などにも用いられています。

レーザー光線には、単一の波長を持つという特徴があります。これは、光線が同じ波長に揃っていて、対象の狭いピンポイントに集中して強い光線を当てることができるというメリットがあります。

美容法としては、シミやソバカスを改善するために用いられることが多いのが特徴です。レーザーがメラニンに当たると、黒い色素に反応して軽いやけどの状態を作ります。しばらくすると火傷の部分がかさぶたとなり、メラニンは皮膚と一緒にはがれてシミやソバカスが消えるというメカニズムです。

敏感肌でも受けられる?

レーザー治療とは、一般に皮膚の一部を焼いたり、組織に変化を起こすような強い効果のある治療法ですが、さまざまな種類があり、敏感肌向けの弱いレーザー治療もあるので、肌が弱い方でも受けることは可能です。

しかし、レーザー光線を照射する際は、ゴムでパチンと弾いた様な痛みを伴うことがあります。特に、敏感肌の方は、健康な肌の方よりも痛みや刺激を感じやすい傾向にあるので、その際は我慢をせず照射を中止してもらい、麻酔シールなどの痛みどめの処置を取ってもらうようにしましょう!

敏感肌とレーザー治療の効果

レーザー治療には、シミや色素沈着の改善以外にも、肌を短期間に生まれ変わらせて肌質を改善するターンオーバー促進効果もあり、敏感肌や肌の弱い方でも施術可能な出力を抑えたマイルドな治療も可能です。

これらの治療は、敏感肌の肌質改善に高い効果を発揮し、上手にレーザー治療を取り入れていけば、健康的な強い肌を手に入れることができます。

レーザー治療を受ける時の注意点

レーザー治療を行っているクリニックはたくさんあるので、治療を受ける前に信頼のおけるクリニックを選ぶことが大切です。友人や知人に紹介してもらったり、口コミなどで評判の良いクリニックを探してみましょう!

施術前のカウンセリングでは、十分な時間をとって、しっかりと相談し、自分の肌質に合ったレーザー治療を行ってくれる医師の元で施術を受けるようにしましょう。

施術後はしばらく「ダウンタイム」があります。ダウンタイムとはレーザーを照射したことで、しばらく皮膚に一時的な炎症の起こる期間のことです。ダウンタイムの後に皮膚がきれいに生まれ変わるのですが、レーザー照射後は、健康な肌の方でも不安定な肌状態に・・・。

患部は、肌内部がむき出しでバリア機能が全く機能していないので、化膿止めの薬を塗ったり、紫外線対策を徹底して行う必要があります。医師の指示に従って正しくスキンケアをすることが大切です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他