デリケートな肌だからこそ是非試して欲しい!敏感肌のオイル美容

敏感肌とオイル美容

オイルを取り入れたスキンケア「オイル美容」には、たくさんのメリットがあります。私達の肌には、水分と油分がバランス良く必要なので、水分だけでなく油分も補わなければならないのです。

オイルと聞くとベタベタしそうなイメージがあるかもしれませんが、上手に使えば肌力UPに繋がる、素晴らしいスキンケア方法です!

オイル美容のメリット

オイル美容には次のようなメリットがあります。
  • 化粧水の次に使って肌の表面にふたをし、水分が蒸発するのを防ぐ
  • 肌を柔らかくする
  • 肌に栄養を与える
  • 肌を乾燥や外部の刺激から守る

顔だけでなく、全身や髪にも使えるので、常備しておくと便利ですね。
しかし、少しの刺激で肌トラブルを起こしやすい敏感肌は、オイル美容を取り入れることができるのでしょうか?

敏感肌でもオイル美容できる?

結論からいうと、敏感肌でもオイルを使うことはできます。むしろ、敏感肌だからこそオイル美容がおすすめなのです。オイルは私達の皮脂と似た性質があり、敏感肌の角質層に不足しがちな皮脂を補う役目をしてくれるので、敏感肌の予防や改善に効果が期待できます!

ただし、オイルにはさまざまな種類があり、中には自分の肌に合わないもの、敏感肌には刺激の強いものもあるので、安心して使えるオイルを選ぶことがポイントになります。

敏感肌に適したオイルとは

一般的に、肌に浸透しやすい良質のオイルとされているのは天然植物から抽出されたキャリアオイルです。敏感肌の方は、添加物が一切含まれていない、良質のキャリアオイルを選ぶようにしましょう。

敏感肌の方にオススメの天然キャリアオイル
スイートアーモンドオイル
アーモンドの種から抽出したオイル。ビタミンEが多く含まれていて、肌を柔らかくする作用がある。粘性があり、ゆっくりと浸透する穏やかな作用で、敏感肌でも安心して使用できる。保湿効果や抗炎症効果も高い。
グレープシードオイル
ブドウの種から抽出したオイル。リノール酸やビタミン類を多く含み、肌への浸透性が高く、肌の引き締め効果が期待できる。また、刺激性や粘性がともに低く、保湿効果に優れているため、敏感肌や乾燥肌に適している。
アプリコットカーネルオイル
アンズ(アプリコット)の種から採取したオイル。オレイン酸やビタミン類が豊富で、浸透性と保湿効果に優れている。荒れた肌を再生する作用もある。軽い付け心地で、肌なじみが良いので敏感肌に適している。
ホホバオイル
ホホバの種子から抽出する液体ワックス(植物ロウ)。非常に安定性に優れ、保存性も高い。
優れた保湿力を持ちながら、ベタつかず、皮膚を保護してくれる。全ての肌質に合う、もっとも一般的な天然キャリアオイル。

キャリアオイルは、空気に触れるとすぐに酸化が始まるため、取り扱いや管理方法などには十分気を付けるようにしましょう!

敏感肌が注意すること

オイルを使う前には、パッチテストを行って、問題がないことを必ず確認してください。また、古いものや変質が感じられるものは使わないでください。

オイルをつけすぎると、かえって肌の負担となり、ニキビや炎症を起こしてしまう可能性があるります。化粧水で十分に保湿した後に肌に薄く伸ばして使用するようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他