敏感肌のアノ悩みを改善!フォトフェイシャルの特長と効果とは?

敏感肌とフォトフェイシャル

フォトフェイシャルというスキンケアをご存知ですか?これは、肌に特殊な光を当てることで、シミやニキビなどの肌トラブルを改善する美容法のことです。

フォトフェイシャルは、美容皮膚科やエステサロンで受けることができます。セルフスキンケアではなかなか改善できない肌トラブルにオススメ!でも、敏感肌や肌が弱い方でも、施術を受けることができるのでしょうか?

効果や副作用は??そんな疑問に応えるべく、フォトフェイシャルについて色々と調べてみました!

フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルは、IPL(Intensed Pulsed Light)と呼ばれる波長の幅が広い光線を用います。紫外線が取り除いてあるので肌に害はありません。
フォトフェイシャルには次のような効果があります。

  • メラニン色素に反応してシミやソバカスをはがれやすくする
  • 肌の真皮層の細胞を活性化してコラーゲン生成を促進し、シワ・たるみを改善
  • 肌の毛細血管を収縮させ肌の赤みを抑制
  • 毛穴を収縮させて目立たなくさせる
  • ニキビの赤みやニキビ跡を薄くする、凸凹した跡もコラーゲン生成で改善

フォトフェイシャルの光は、マイルドで痛みもほとんどなく跡が残ったりしません。肌トラブルの原因に直接働きかける、安全性の高い美容法です。また、光線を照射すると、これらの効果が一度に得られるのも大きなメリットです。

レーザーとの違いは?

肌トラブルを改善する美容法のひとつに、レーザー療法があります。レーザーとフォトフェイシャルはどこが違うのでしょうか?

レーザー療法に用いられる光線は単一の波長で、シミやソバカスを狙ってピンポイントに照射していきます。光線が強いので照射する時にはやや痛みを感じることがあり、あとでかさぶたができることもあります。

フォトフェイシャルは、レーザー療法に比べると肌の負担や副作用の心配が少ない美容法といえるでしょう!

敏感肌は受けられるの?

敏感肌さんは、フォトフェイシャルのようなスペシャルケアを受けても良いのでしょうか?レーザーだと光線が強く、肌に負担がかかってしまう可能性もありますが、フォトフェイシャルの光は穏やかなので肌の様子を見て受けることが可能です。

ただし、光線が強すぎると敏感肌の場合は照射した時に、ゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じたり、あとで肌が赤くなったりしてしまうことがあるので 、施術前に専門医に相談し光線の強さを適切に調整してもらう必要があります。

事前に敏感肌であることを伝えてよく相談し、無理のない範囲で施術を受けるようにしてください。また、フォトフェイシャル後に肌にトラブルが起こったときは、必ず受診してくださいね。

敏感肌にはどんなメリットがある?

フォトフェイシャルには、肌のコラーゲンを増やす効果があるとされています。コラーゲンには保湿作用があるので、コラーゲンが増えることで乾燥を改善する効果が期待されます。また、敏感肌の炎症で残ってしまった色素沈着を薄くすることもでき、敏感肌を美しい白い肌に導く効果があります。

何度か施術を受けることで効果がみえてくるので、肌の調子をみながらフォトフェイシャルを試してみてくださいね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他