肌が焦げたパン状態に!?知っておきたい敏感肌の糖化防止ケア

敏感肌の糖化防止ケア

ここ数年、「糖化」という言葉をよく目にするようになりましたが、糖化とは一体どういった状態のことなのでしょうか?敏感肌やデリケート肌との関係は?気になる糖化の正体に迫ってみました!

肌の糖化とは?

糖化というのは、体内のたんぱく質に糖が結びつき、糖化生成物(AGEs)という物質に変化してしまうことです。AGEsは分解されにくいため、一度体内に発生すると蓄積してしまい、体を老化させたりさまざまな病気を引き起こします。

糖化が肌に起こると、真皮内のコラーゲンにAGEsが蓄積して肌の弾力が失われ、老化が起こってしまいます。

体内で起こる糖化は、パンが焦げるとキツネ色になったり、炊き立ての白いご飯が時間の経過で黄ばんでしまう現象に例えられます。たんぱく質と糖を含むパンやごはんと同じように、肌も糖化が起こると褐色に変化してくすんで見えるようになってしまうのです。

糖化の原因

では、一体なぜ糖化が起こるのでしょうか?

通常なら分解されてエネルギーとして消費されていくはずのたんぱく質や糖質が、血液中に糖質が増えすぎる状態が続くと、たんぱく質に糖が結びつきやすくなってしまうのです。

血液中に糖質が増える原因
  • 早食い
  • 甘い物の食べ過ぎ
  • 炭水化物の食べ過ぎ
  • 運動不足

糖化と敏感肌の関係

健康な肌と比べて敏感肌は、糖化が進んでいることが分かっています。敏感肌は、肌のバリア機能が低下しているために炎症が起こりやすく、炎症から発生した活性酸素がAGEsを増やしてしまうことが原因に考えられます。

肌に糖化が起こると、コラーゲンが劣化してしまいます。コラーゲンには保湿効果があるため、コラーゲンが劣化すると肌が乾燥しやすくなり、敏感肌が進む原因につながってしまいます。

そのため、敏感肌の方は特に糖化を防いで肌を守るように心がけたいですね。

糖化を予防するには

糖化の予防には、食生活が深く関係しています。糖化は、血糖値の急上昇で起こりやすいので、血糖をコントロールするような食生活を意識しましょう!

  • 白砂糖、白米、小麦粉といった血糖値の上昇しやすい食品を控える
  • そば、玄米ご飯、野菜、さつまいも、果物といった血糖値の上昇しにくい食品を食べる
  • 疲れた時やお腹が空いた時に甘い物が欲しくなっても食べ過ぎないようにする
  • 適度な運動をして血液中の糖を燃焼させる

糖化が進みやすい敏感肌の方は、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを意識して摂取して肌の乾燥を防ぎます。柑橘類やピーマン、キウイフルーツに多く含まれます。

糖質とたんぱく質を食べないようにすることが糖化の予防につながるわけではありません。バランスの取れた食事をきちんと食べ、糖化から肌を守りましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他