ビーグレン エイジングケアお試しセット

ビーグレンエイジングケアお試しセットに入っているセット内容を写真付きで口コミします。化粧品お試しセット

詳しく知りたい方は公式サイトへ

この頃、肌がくすみ、ハリがなくたるんだりしているせいか疲れてみられます。これが肌老化でしょうか…。肌老化を防ぐためにエイジングケア化粧品をネットで探しました。
ビーグレン エイジングケア はこんな人におすすめ!

     
おすすめしたい年齢,
主な用途は?,
どんな肌質向け?,
 

ドクターズコスメで人気のあるビーグレンからエイジングケアのトライアルセットが出ていました。ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeをさらに進化させたQuSomeコンプレックス。これは、いくつかの有効成分を良いバランスで超微小カプセルに閉じ込め、肌の奥まで届けることが可能になったそう。

老化を食い止め、肌を若返らせるというビーグレンのエイジングケアで、どこまでハリを出せるか!早速体験開始したいと思います♪

ビーグレン エイジングケアをする前準備として。

ビーグレンのエイジングケアのトライアルセットは、クレンジングや洗顔料がなく、化粧水、美容液、ゲル、クリームの4点。なので、いつも使っているクレンジングと洗顔石けんでお手入れしてから体験スタートします。

10-YBローション

ビーグレン10ybローションを使ってみました。

初めは肌に潤いを与え、キメの整った肌を作る保湿ローションです。100円玉強くらいの量を使いました。テクスチャーはサラサラですが、肌になじませていると少しトロミがあるように感じました。

ビーグレン10yb化粧水を使ったので肌なじみなどを口コミ中。

少し鉄のようなシアバターのような甘い香りがしますが、気になる匂いではありません。つけた後ベタつきがあり、3分くらいしても少しベタつきがあり気になりました。このベタつきが残ったまま、次につける美容液でさらにベタベタにならないか心配です。

ビーグレン化粧水の肌なじみを報告中。

Cセラム

ビーグレンcセラム美容液の肌なじみについて考える。

次に肌細胞を活性化する高濃度ビタミンCが入った美容液で、肌の酸化を防ぎます。ビタミンCは紫外線によって変色しやすく壊れやすいので、日中使う時は日焼け止め等を使いましょう。

ビーグレンのCセラム美容液にはビタミンCがたっぷり。

透明でさらさらのテクスチャー。伸びはあまりよくありませんが、肌につけると一瞬だけ少し温かみを感じます。保湿ローション後はベタつきがありましたが、Cセラムを塗った後はベタつきが気になりませんでした。

ビタミンc誘導体の力って凄い!っていうのがわかるビーグレンのビタミンC美容液。

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

QuSomeモイスチャーゲルクリームの肌なじみをひとつ。

次は、肌の外側と内側の両方から潤いで満たし、ハリのある肌にする保湿ゲルです。容器から出した時は、固めのクリームかと思いきや、肌になじませようとすると柔らかいゲルになりました。

ビーグレンゲルクリームの肌なじみを報告中

少し薬品ぽい匂いがしますが、気にならない程度。しっとり潤っているけどベタつきがあまりなく、軽いつけ心地なのが気に入りました。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリームの肌なじみ報告。

ラストは肌のたるみやシワを肌の内側から押し出すようなハリを与える高保湿クリームです。QuSomeモイスチャーゲルクリームと同じく白の柔らかいクリームで、リッチクリームの方がちょっと固めです。

QuSomeモイスチャーリッチクリームはこんな感じ。結構しっかりしてます。

パール粒くらいの量を使いましたが、肌に伸ばすと少しコクがある感じがしました。しっかり潤っているのに、つけ心地が軽いクリームです。ベタつきは多少ありますが、気にならないくらいですし、5分ほどすればベタつきはなくなります。

ビーグレンエイジングクリームの肌への質感などを考えてみます。

感想報告していきます。

7日間試してみた結果、少しハリが出てほうれい線が少し薄くなった気がします。どのアイテムも使い心地がよかったのですが、その中でもモイスチャーゲルクリームがお気に入り。

多少のベタつきは最近きにならなくなったのもありますが、しっとり潤っているのにベタつきがほとんどないのが良いです。ゲルは手に出した時と、伸ばすときのテクスチャーが違いますが、手のぬくもりで柔らかくなるのかな!?面白いなぁと思いました。

そして、リッチクリーム。リッチという名前だけあってちゃんと肌の弾力が出ました。ライン使いしたいけど、全部買うとなると安くはないので、おねだりしてみようかなぁと思いました。

詳しく知りたい方は公式サイトへ